毛穴が目立ってしまう原因は何?


◆皮脂が黒ずみの原因の毛穴
毛穴が詰まってポツポツがある、油取り紙をよく使う、ストレスがある、などの項目に思い当たるあなたの毛穴が目立つ原因は、皮脂の黒ずみです。
皮脂が過剰に分泌されるようになると毛穴が開いてきます。
普通の分泌量であれば、開いてもすぐ元に戻ります。
過剰な分泌が続くと開きっぱなしになるのです。
毛穴が開いたままになると、皮脂だけでなく、肌表面の汚れや古い角質も詰まるようになり、角栓ができます。
角栓は白っぽい色ですが、空気に触れて酸化すると黒ずんで見えるようになります。
皮脂が過剰分泌する原因は、洗顔のし過ぎ、脂分の摂りすぎ、脂っこい食事、ビタミン不足、ストレスで男性ホルモンが刺激される、などの様々な原因が考えられます。
◆メラニンが黒ずみの原因となる毛穴
毛穴パックをしても黒ずみがとれない、角栓を指で押しだす、洗顔後にタオルでゴシゴシと肌をこする、紫外線対策をしていない、などに心当たりのあるあなたの毛穴は、メラニンによる黒ずみで目立つようになっています。
メラニンは、シミやソバカスの原因として有名です。
毛穴の中にもメラニン色素を作るメラノサイトがあります。
毛穴が開いていると、メラノサイトが紫外線による刺激を感じて、メラニンを生成し始めます。
毛穴の開きを抑えることも大事ですが、紫外線対策も毛穴ケアには必要なことなんです。
それと、紫外線だけでなく、角栓が押し出したり、洗顔後にタオルでゴシゴシ拭くのは、色素沈着や黒ずみの原因になりますから、やめてください。
◆肌の老化が原因のたるみ毛穴
小鼻より頬の毛穴が目立つ、頬を横に引っ張ると毛穴が目立たなくなる、小じわも気になる、という人の毛穴は、肌の老化で目立つようになってきています。
たるみ毛穴とは、肌がたるんで毛穴が縦長に見えるようになること。
腹が老化すると、コラーゲンが減少して毛穴を支えることができなくなります。
支えが無くなった毛穴はすり鉢状に凹んで、弛んで拡がり、重力で引っ張られて楕円形の毛穴になります。
小鼻より頬の毛穴によく見られる状態です。
頬を横に引っ張ると毛穴が目立たなくなるのは、頬がたるんでいる証拠ですね。

トップへもどる