毛穴を目立たなくする方法


毛穴が目立つ人と目立たない人の差はなんなんでしょうか。
普通に考えると、目立つ人の毛穴が大きく広がってしまったことが原因、と考えるでしょう。
大きいから目立つ、この答えは毛穴でも同じでしょう、と思うんですが、違うんですよ。
実は、毛穴は目立つ人も目立たない人も大きさは同じなんです。
え???じゃあ、なんで目立ってるの?って思いますよね。
毛穴が目立つ人と目立たない人の毛穴を測定しても、ほぼ変わらないという結果が得られています。
では、なぜ毛穴は目立つのか?
毛穴が増える?これも違います。
毛穴の数は、赤ちゃんの頃から変わりません。
毛穴の構造を考えると、毛穴の大きさは一緒だけれど、立体構造で考えると、目立つ人の毛穴は大きいのです。
どういう意味かと言うと、毛穴が目立つ人の肌の断面を見ると、上が広がってすり鉢状になっているのです。
そう、すり鉢状の形が毛穴を大きく見せていたのです。
でも、なぜすり鉢状になるのか?
それは毛穴の周りの細胞のせいです。
毛穴の大きさは同じですが、毛穴が目立つ人の毛穴周りの細胞には紫色っぽいものが見えるのですが、それが細胞の「核」なんです。
このたくさんの核が見えるのは、元気な細胞が異常増殖している証です。
これがポイント!
なぜか毛穴の目立つ人は、毛穴の周りの細胞がとても活発で、新しい細胞を作り続けるため、細胞が増えてしまいます。
その結果、盛り上がってすり鉢状のクレーターのようになって、毛穴が大きくなったように見えるのです。
これが大きく見えるメカニズムです。
わたしは脂で毛穴が大きくなっているのだと正直思っていました。
なので、これは意外な結果でした。
でも、どうして異常に細胞を作る働きをしてしまうのか?
それはオレイン酸が関係しています。
日の肌には常在菌という菌が常に毛穴に存在しています。
常在菌は、悪い菌から肌を守ってくれる良い菌です。
一方、厄介なこともあります。
常在菌は皮脂が大好物なので、常在菌が皮脂を食べて分解するとオレイン酸ができてしまいます。
オレイン酸は細胞の隙間から浸透して細胞を刺激し、その結果毛穴の周りの細胞が異常に増殖をするんです。
それが、大きな毛穴を作り出すのです。
毛穴が大きく見えるメカニズム、わかってもらえましたか?
でも、大きく見えるようになったクレーター状の毛穴は治すことができるのでしょうか?
さっきのオレイン酸を洗い落とせばいいのでしょうか?
洗顔をしっかりできれば毛穴は改善できるのでしょうか?
答えは、一度できてしまった大きく見える毛穴は改善できない、のです。
と、いうことはずーっと毛穴が目立ったデコボコの肌のままという悲しい現実しかないの!?と思うでしょう。
毛穴は小さくできないけれど、目立たなくする方法はあります。
そのポイントは「キメ」です。
実は、毛穴が目立つ人の洗顔方法は、過剰なほどしっかり洗おうとする人が多いんです。
毛穴が広がって脂が気になるから、と洗顔をマメにしているんです。
でも、それでは改善されません。
大きく見える毛穴は元には戻らないからです。
洗顔を過剰にやりすぎることで、肌トラブルになったり、過剰に皮脂が出ることになったりしてしまいますから、注意が必要です。
だから、毛穴を目立たなくするには、が重要で、肌のキメを整えるのです。
毛穴が小さくならないのなら、周りの肌のキメを整えて潤いを与えれば、毛穴が目立たないように見えるのです。
10歳の女の子の肌は、とてもきめが整っていると状態です。
キメが整っている状態の肌には細かな溝がたくさんあります。
こういう肌は光をたくさんの方向に拡散します。
光が拡散することで、お肌は白く、ふんわりするように映り、毛穴が目立たなくなります。
赤ちゃんの肌がほわっと見えるのは、このせいなんですね。
逆に、キメの粗い肌は、溝が少ないんです。
溝が少ないと表面が平坦になって、光があまり拡散しません。
そうなるとテカって見えるんです。
キメが細かくなれば、光の拡散効果で毛穴の輪郭がぼやけます。
それによって目立たなくなるということですね。
肌のキメを整えるには、実行したい2つのポイントがあります。
○優しい洗顔
ゴシゴシ洗う洗顔は、細胞を傷つけてゴワゴワ肌になります。
洗顔は、こすらずに泡で包むように洗いましょう。
・洗顔前には手を洗う(手に脂や汚れが残っていると泡立ちにくくなる)
・洗顔の泡を良く泡立てる(弾力のある泡をたっぷりと泡立て、逆さにしても落ちないような泡をつくる)
・優しく洗顔(優しく泡の弾力で洗い、こすらない。)
擦らなくても、石鹸には十分に洗浄力があるんです。
○保湿
洗顔のあとは、すぐに保湿をしましょう。
洗顔後の濡れた肌は水分が蒸発するときに肌の水分まで一緒に蒸発させてしまいます。
ですから、その前に肌にふたをしなければいけません。
化粧水を肌に吸収させる。
次はクリームでふたをする。
クリームを塗る時も決してこするように塗り込まないこと。
この2つのポイントがしっかり守れれば、2週間くらいで肌が変わってきます。
肌全体が白くなって毛穴が目立たなくなります。
実は簡単なんです。
普通は、肌のキメを整えるには4週間程度かかります。
でも、洗顔と保湿をしっかりやれば2週間で効果は目に見えてきます。
単に脂をゴシゴシと洗い流すのは逆効果。
タオルでふくときもこすらないようして、押さえるように水分をタオルに染み込ませるようにしてくださいね。

トップへもどる